新人が介護業務の残業を解消するテクニック

介護の仕事を始めたばかりの新人は、簡単な作業でも時間が掛かることが珍しくありません。そのため勤務時間内に作業が終わらず、残業が続くことも多いです。居残りで仕事をせずに済むためには、初心者の段階を早く脱却することが根本的な改善方法として挙げられます。
仕事の熟練度が上がるにつれてミスが少なくなり、時間内に与えられた仕事をこなすことが可能です。

例えば脱初心者のための改善方法として、仕事で分からない事があれば積極的に人に尋ねるような心掛けは役に立ちます。質問を躊躇しても問題は解決せず、恥とは思わずに前向きに尋ねる意識が欠かせません。介護の新人が技術的に未熟であるのは当然であり、分からない事は積極的に尋ねて早くスキルアップすることが何より優先です。新人の残業の多くは、スキルアップをすることで解消できることが多いからです。
そんな効果的な残業解消の具体例については残業から脱出するには?でも説明していますので、チェックしてみると良いでしょう。

また、自身の記憶だけに頼らずにできるだけメモに記録を残す意識も重要です。記憶に頼ってばかりでは大切な仕事のノウハウを忘れてしまう恐れがあります。記憶頼りでは同じ失敗を繰り返す恐れがあり、何度も同じ失敗を繰り返してしまうとたとえ新人であったとしても職場での信頼を失いかねません。仕事のノウハウを知った時に積極的にメモを取るよう心掛けておけば、いずれはそのメモが貴重な財産になります。
業務時間内に仕事が終わらず残業で働く苦労に比べれば、仕事で分からない事を質問したり仕事を通じて分かったノウハウをメモを残す手間は苦になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です