介護職のコミュニケーション不足を改善

仕事量が多く勤務時間内に全ての作業が終わらないとしたら、職場でのコミュニケーション不足が要因である可能性が考えられます。介護施設の仕事は一人で全てをこなすことはできません。
多くの介護施設では、職場に所属している複数の介護スタッフたちが、それぞれの役割を分担してこなすことによって介護サービスを提供できています。

しかし職場での介護スタッフ同士のコミュニケーションが十分でない場合には、作業に無駄が生じている可能性が否定できません。無駄な作業が多い分だけ業務に携わる時間が長くなり、結果として頻繁に残業せざるを得ない状況に陥ります。
そこで介護施設で働いている介護スタッフが一同に集まって話し合あい、職場全体で改善に向けて取り組まなければ根本的な問題は解決しません。

スタッフ同士のコミュニケーションを取る方法について工夫し、改善方法を実際に業務内容に組み込めば、残業が少なくなる可能性はは十分にあります。スタッフ同士の意思疎通をうながす改善方法としては、職場にホワイトボードを設置し各スタッフのスケジュールを一目で確認できるよう工夫したり、あるいは携帯電話など情報伝達のためのツールを積極的に活用する方法もテクニックの一つです。
このように介護スタッフ同士が仕事中に緊密にコミュニケーションを取れるよう改善を実行するに従って、仕事の効率がアップし残業が減るだけでなく、連係不足から生じがちな仕事のミスを減らす効果もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です