他人に助けてもらって残業を減らす

介護施設で働くスタッフが担当する仕事は多く、与えられた仕事が時間内に終わらないと残業せざるを得なくなります。そうすると集中力を切らして作業効率が悪くなり、さらに居残りの仕事が増える悪循環に陥りがちです。
このような悪い状況に陥る前に、仕事を時間内に終わらせる改善方法を考えなければなりません。

この問題を解決するための具体例として挙げられるのは、周囲の人たち頼んで協力してもらうことです。一人では時間内にこなすことが難しい仕事であっても、複数人で手分けして作業に当たれば時間内に作業が終わります。もし職場で手が空いている人がいれば、遠慮せずに手助けしてもらうよう頼むことが大切です。しかし面倒な仕事を進んで引き受けてくれる人は、どの介護施設にもそうはいません。人に頼んで残業を減らす改善方法を成功させるためには、上手な頼み方のテクニックが必要不可欠です。
ここで重要なポイントとなるのが、言葉の掛け方によって相手が仕事を引き受けてくれるかが大きく異なる点にあります。

言葉遣いに注意し頼み方を上手く工夫すれば、大変な仕事でも引き受けてもらえる可能性が高いです。また普段からの人間関係作りにも気を配る必要があります。信頼できる関係を仲間内で築いてなければ、仕事を頼んだとしても引き受けてくれる事は少ないです。
職場での仲間同士のコミュニケーションを大切にしていると、居残りで残業せざるを得ないような状況を避けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です