適材適所を実現して減らす残業の量

介護現場では残業が多い傾向がありますが、個人の取り組みからできる改善方法もあります。職場全体として仕事を時間内にこなしきるのが難しいという状況ができているときには、全体としての仕事の効率を上げることが欠かせません。職場の雰囲気を変える試みに自分から取り組んでみるのが賢明です。
適性を生かして個人が仕事をできるようになると全体として効率が向上します。

そのために大切なのは仕事を抱えてしまわないことであり、適材適所を実現できるように仕事を受け渡しする雰囲気を生み出すようにしましょう。自分が苦手とする仕事がある場合にも、それを得意としていて速やかに行える人もいるはずです。最初は躊躇するかもしれませんが、自分の苦手意識がある仕事は人にまかせてしまうようにするのが理想的と言えます。
その代わりに自分が得意とする仕事を引き受けることによってギブアンドテイクを行っていけば、互いにメリットがあるでしょう。

このように適材適所になるように仕事を受け渡すのが残業の事情の改善方法として効果的なものです。仕事を相手に渡すことから始めてしまうと、仕事が忙しいのにやめてくれと思われてしまうことがあるでしょう。そのため、最初は仕事を引き受けることを申し出るのから始めるのが得策です。その様子を見て他の人も真似をするようになっていくと、職場全体として仕事を引き受ける雰囲気が生まれます。
まずはそれを目標にして自分から取り組むのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です